自分の体力のレベルに合ったトレーニングをしよう。




自分に合ったトレーニングとは何かを考えるときに、まず自分の体力レベルについて知ることが大切です。 若いときは何かスポーツをしていた人も、年を取って何もせずにいると体力が衰えてくるものです。けれどもスポーツをしていた人は、鍛え方によって体も戻ってきやすいという利点があります。 まったくスポーツをしていなくて運動が苦手という人もいるでしょう。その場合はストレッチや体を動かすことを楽しむことから始めると良いでしょう。そうすることで運動を習慣づけることができます。 適度に無理をすることも体を鍛えるためには必要ですが、体力以上のことを過度に行うと、まず継続ができません。また体を故障したり筋肉を痛めることもあるかもしれません。 自分の体力を把握し、それにだんだんと負荷をかけていく感じのトレーニングを行うのがベストでしょう。


目的に合ったトレーニングをしよう。

トレーニングを行う際には、まず運動する目的をはっきりさせましょう。 ダイエットのために行うのであれば、有酸素運動や発汗するトレーニングが必要になります。ジョギングや水泳、ウオーキングやホットヨガなどが良いでしょう。 体力をつけたいのであれば、ダッシュをしたり、縄跳びや長距離ランで持久力を鍛えましょう。 何らかのスポーツをしていて部分的に鍛えたいとなると、専門的なトレーニングも導入する必要が出てきます。バレエや体操なら柔軟性を鍛える必要がありますし、マラソンなら脚力を付けることが大切です。 このように自分の目的を定かにして、それに合ったトレーニング方法を考えることで、より効果を得ることができるでしょう。